浴室リフォーム ~ タイル貼替えで広さ重視

今年もあっという間に10月になってしまいましたが
猛暑を過ぎてからリフォーム工事のご依頼が続いております。

今回は福岡市のリピーターのお客様宅での
浴室リフォーム工事をご紹介いたします。

浴室リフォーム01

今回のバスリフォームはユニットバスへの入れ替えではなく、ひさしぶりに全面タイル貼替えの工事となりました。

幅180cm × 奥行き235cmという今ではあまり見ない寸法なので、ユニットバスを選択するとどうしても現状より狭くなってしまいます。「狭くなるのは気になる」というお客様のご要望より、バスリブ+浴槽+タイルと新調して施工いたしました。

【ビフォー】

浴室リフォーム02

福岡の地震や経年劣化のため、いたるところにヒビも見られます。

【浴槽撤去】

浴室リフォーム03

少し壊しただけでも大量のガラがでます。
みんなで協力して解体工事が進み、お客様の好きな空色のタイルで貼り替えていくと、、、、

【アフター】

浴室リフォーム04

もとの浴室の広さはそのままに、浴室のリフォーム工事が完成しました!

気になる浴槽の広さはそのままに!

浴室リフォーム05

また、このリフォームのタイミングで浴室の入り口ドアも、カバー工法にて折戸に変更
リフォーム用の建材が年々充実しているので、施工もスピーディーです。

浴室リフォーム06

折戸のいいところは

  • 出入りがしやすい
  • 洗面脱衣所が広く使える
  • 幼児などお子さんがいた場合、指をはさみにくい

等々、いろんなメリットがあります!

生活する上でのお困りごとや、こんなことがしたい!というご要望があれば、遠慮なくご相談いただけたらと思います。